■市民の声、まちづくりに

 JR佐賀駅周辺整備構想を進めている佐賀市は、構想案へのパブリックコメント(意見公募)を始めた。駅周辺が市民に親しまれる場所になるために必要なことや、交通利便性の向上、佐賀駅バスセンターと隣接する交通結節点としての佐賀駅に求めることなど、構想案への意見を募集している。2月28日まで。寄せられた意見を参考に、年度内に構想を策定する。

 市の整備構想案は5章構成でA4判42ページ。佐賀駅周辺整備構想を先行している「街中再生計画」「中央大通り再生計画」に並び、中心市街地活性化につなげる重要な計画と位置付けている。構想が今後の具体的な計画の指針となる。

 佐賀駅北側を南北に通る市道三溝線の整備、バスターミナル機能の再構築、駅前広場の交流機能の検討、佐賀らしさを表現する駅前広場のあり方などを今後、整備計画として具体化する。本庁、支所、公民館の提言箱やインターネット上の電子提言箱で受け付ける。構想案も同じ場所で公開している。

このエントリーをはてなブックマークに追加