宮崎県で約50年前に絶滅したと考えられていたが自生しているのが見つかった植物「ヒュウガホシクサ」(南谷忠志氏提供)

東京都・小笠原諸島にすむ「オガサワラクロベンケイガニ」(小笠原自然文化研究所提供)

 環境省は31日、約50年前に宮崎県の川南湿原で絶滅したと考えられていたが、最近になって自生しているのが見つかったイネ目の植物「ヒュウガホシクサ」を、絶滅危惧種のうち最も危険度が高いランク「(1)A類」に指定したと発表した。

 絶滅が危ぶまれる野生生物を分類した「レッドリスト」の改訂に伴うもの。長崎県・対馬にしか生息しないチョウ「ツシマウラボシシジミ」も(1)A類に選んだ。

 ヒュウガホシクサは草丈10センチ前後、緑がかった小さな花を付ける。長く絶滅したとみられていたが数年前に発見。草刈りなど管理作業を強化したことで、土の中で休眠していた種子が発芽したらしい。依然として生息地や株数が限られており、保全強化が必要と判断した。

 ツシマウラボシシジミは、幼虫の餌になる草をシカが食べ尽くして個体数が減少。対馬の1カ所で生息が確認できるだけになって保全活動が続いている。

 他に沖縄県の八重山諸島に生息するがペットや食用目的の捕獲が続く「ヤエヤマイシガメ」や、東京都・小笠原諸島の「オガサワラクロベンケイガニ」が絶滅危惧種に指定された。

 レッドリストの改訂は2015年以来。絶滅危惧種は38種増えて3634種となった。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加