奈良県は25日、奈良市内の駐車場に駐車中の車から、同県大和高田市の小学4年の男児(9)がぐったりしているのが24日見つかり、熱中症とみられる症状で死亡したと発表した。男児は病院に行く母親と一緒だったが、「車内で食事をする」と言って車に残ったとみられる。

 県によると、24日午後1時半ごろ、近鉄大和西大寺駅(奈良市)近くのコインパーキングで、母親が車内に男児を残して近くの病院に診察に行った。約1時間半後に戻ったところ、ロックされた車の中で倒れている男児を発見、119番した。

 救急隊が窓ガラスを割って救出。意識不明の状態で搬送され、25日未明に病院で死亡が確認された。搬送時、医師が熱中症と判断した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加