「私の夢」と題して発表する新井さん=神埼市の千代田文化会館はんぎーホール

 「神埼市青少年主張大会」(市青少年育成市民会議主催)が28日、神埼市の千代田文化会館はんぎーホールであり、市内の小学生から新成人の14人が夢や意見を堂々と発表した。

 神埼高2年の新井智子さんは「私の夢」の題で発表した。「海外でいろんな国の人たちと出会うこと」が夢という新井さんは、カナダへのホームステイでホストファミリーが優しくしてくれた経験を織り交ぜて語った。

 国内で外国人への差別が問題となっているニュースを見るたびに「心が痛くなる」といい、「文化的な違いなどによって差別が起こってしまうのは、『これからはグローバル社会だ』と言っている日本の姿に反する」と主張。「差別心に起因する事件全てがなくなってほしい」と語り、そのためにも「日本と世界の懸け橋となり、活躍したい」と発表した。

 青少年主張大会には1629人が応募し、優秀者14人が発表した。「被災地での体験」や「命の大切さ」「私が住みたい神埼市」などさまざまなテーマで自分の考えを主張した。

このエントリーをはてなブックマークに追加