多久市

 多久市は30日、5日開会の定例議会に提案する一般会計補正予算案や旧「ゆうらく」にかかる市道路線の認定など7議案、報告9件を発表した。補正額は8927万2千円で補正後の総額は前年同期比3・2%減の126億3927万2千円。主な新規事業は、県の委託事業で多久東部校でのがん教育を推進する総合支援事業に19万円、多久町の多久消防署出張所新設に伴う造成工事費用に7001万9千円など。

 神埼市

 神埼市は30日、6億2512万7千円を追加し、総額は162億5756万1千円とする一般会計補正予算案などを発表した。計5議案と報告3件を2日開会の定例議会に提案する。

 主な歳出は国庫補助金の内示を受け、暗きょ排水工事を250ヘクタール追加する事業に4億5090万円。市内全箇所に今年度で工事が行き届くという。保健センターを整備するJAさが神埼地区中央支所の改修工事に1億4307万円など。下水道特別会計からは貸付限度を超えていた分の2483万円を償還する。

 基山町

 基山町は30日、6日に開会する定例議会に提案する一般会計補正予算案を発表した。補正額は2億8967万5千円の増額で、補正後の総額は前年度同期比18・8%増の67億3501万9千円。

 主な事業は役場北側のラーメン店跡地に宿泊施設を備えた合宿所を整備する事業に1億3230万円、サカキの増産と六次産業化を目指す里山サカキプロジェクトに441万円、健康ブランド化推進業務委託料1250万円など。

 定例議会にはこのほか、特別会計補正予算など3議案と同意12件、報告2件を提案する。

 吉野ケ里町

 吉野ケ里町は2日開会の定例議会に提出する一般会計補正予算案など7議案と報告3件を発表した。993万9千円を減額し、総額は79億2927万6千円とする。

 国の支出金の額の決定に伴う補正。主な歳入は農山村振興の交付金は6千万円でふれあい交流施設の農産物加工施設建設に充てる。一方で集落内の橋の補修工事などの道路新設改良費は補助金が下りずに歳出は8855万円減額された。

このエントリーをはてなブックマークに追加