「ちから石で力比べを」と穴吹力也さん

■「ちから石」挑戦して

 唐津市浜玉町浜崎で父親とともに石材店を営む穴吹力也さん(28)は23歳の時、第49回技能五輪全国大会石工部門で見事、金メダリストになりました。

 「石を前にするとさまざまなアイデアが浮かび、目に映るものは全て石で造れそうな気がする」と言います。

 今回、福岡市の櫛田神社に力士たちが奉納している「力石」にヒントを得て、試行錯誤しながらオリジナルの「ちから石」を制作しました。8月5日に行われる浜崎海岸の花火大会当日、浜玉公民館西側で「ちから石」を持ち上げるコーナーを設けます。

 重さは65キロ。力に自信のある人もない人も、楽しくチャレンジをと呼び掛けています。

 (地域リポーター・福田ひろこ=唐津市)

このエントリーをはてなブックマークに追加