4勝目を挙げ、緒方監督(左)とタッチを交わす広島・薮田=メットライフドーム

8回広島2死一、二塁、菊池が右前に適時打を放つ=メットライフドーム

■広島5-0西武 初先発の薮田4勝目

 広島が6連勝。四回1死二塁から丸が先制打を放ち、八回は菊池の適時打で加点。九回も菊池の2点二塁打などで3点を加えた。薮田は6回5安打無失点で4勝目を挙げた。西武は好投の野上を打線が援護できず、3連敗。【共同】                            

■ハイライト 初先発の薮田4勝目

 代役とは呼ばせない。広島の薮田が今季初先発で堂々の6回無失点。中継ぎから配置転換された3年目右腕がチームに6連勝と、交流戦初戦の白星をもたらし「いいスタートが切れた。野手に助けてもらいながら六回まで行けた」と安堵(あんど)の笑みを浮かべた。

 野村が離脱し、ロングリリーフの経験を買われて抜てきされた。毎回ピンチを招いた序盤を踏ん張ると、六回2死二、三塁でも、強気に直球勝負。木村文を右飛に打ち取って、救援陣にバトンを渡し「しっかり勝負できて良かった」と自信を深めた様子だった。

 先発登板を告げられてからも、自ら志願してブルペン待機を続けた。「なるべく中継ぎとして、登板間隔が空いていると思うようにした」との発想。必要がなくても試合中に肩をつくるなど、独自の調整を貫いたことが奏功し、申し分ない働きを見せた。

 緒方監督は次回の先発登板も明言し「予想以上。しっかりと結果を残してくれた」と賛辞を贈った。不測の事態でカバーし合える選手がいる限り、広島は今季も強い。

 金子侑(左すね痛から復帰。代打で今季初出場し中飛)「声援は本当にありがたかった。この打席を次に生かしていければいい」

■「タナキクマル」けん引 打線の援護なく

 広島の自慢の上位打線「タナキクマル」がチームをけん引した。

 まずは四回に田中がチーム初安打で出塁し、菊池が犠打でチャンスメーク。1死二塁で、丸が初球を捉えて右翼フェンス直撃の適時打とし「何でもかんでもじゃないけど、ある程度自分の中で(初球を)いこうと思っていた」と胸を張った。

 八、九回は菊池がいずれも2死から適時打。貴重な追加点をもたらし「結果的に点につながったのが良かった」とうなずいた。

■打線の援護なく

 西武の野上にとって、悔やまれたのが四回だった。三回までいずれも三者凡退と上々の立ち上がりだったが、この回先頭の田中に安打を許し、犠打で1死二塁。続く丸に浮いた144キロをはじき返され、先制を許した。

 その後は立ち直り、五~七回も三者凡退。打線の援護を受けられないまま八回に菊池に適時打を浴びたところで降板し、5敗目を喫した。「悔いの残る投球だった。先頭打者を出したのが反省」と振り返った。

 広島・畝投手コーチ(薮田に)「恐れずに、自分の球を投げて試合をつくってくれた。心強い」

このエントリーをはてなブックマークに追加