唐津市相知町の相知中学校(脇山雅文(わきやままさふみ)校長)の生徒たちが、貧困(ひんこん)で就学(しゅうがく)できない東南アジアの子どもを支援(しえん)するために書き損(そん)じはがきを集めました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加