日本環境テクノ(佐賀市、小室光春社長)が、自社の太陽光発電施設にオーストラリア原産の大型鳥エミューを放ち、雑草の除去に役立てている。育てたエミューは食肉としての出荷を見据えている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加