C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品が奈良県などで見つかった問題で、偽造品を仕入れた東京都千代田区の卸売業者の社長が30日、取材に応じ「偽造品と思わず、昨年秋以降、複数の個人からハーボニーを10本前後買った」と証言した。「相手の身元確認をせずに購入した」といい、仕入れ先の記録を求める法令に抵触する恐れがある。

 購入したハーボニーのうち半数程度は正規品の箱がなかったという。これまでに見つかった偽造品はいずれも箱がない状態で流通していた。厚労省は、他にも流通ルートがないか調べている。

 社長によると、昨年秋ごろに取引実績のない人物から電話で購入を持ち掛けられた。「1回にボトル1本ずつくらい、10回程度買い取った」という。店に売りに来たのは同一人物ではなく複数人だった。業界関係者によると、他の会社にも電話があったという。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加