県内はじめ全国の幼稚園や保育園などに配布される絵本と紙芝居

 トヨタ交通安全キャンペーンが1日、佐賀県内のトヨタ系列販売会社で始まった。交通安全について学ぶ絵本約262万部と紙芝居約4万6000部を県内はじめ全国の幼稚園や保育園、図書館などに配布する。30日まで。

 キャンペーンは春の全国交通安全運動に合わせて、全国のトヨタ車両販売店が協力して行う。県内では佐賀トヨペット、西九州トヨタ自動車、トヨタカローラ佐賀、ネッツトヨタ佐賀が実施する。

 絵本「ゆうえんちへGO!」と紙芝居「ケキシダビトン」は、道路への飛び出しが危険であることを分かりやすく伝える。家でも交通安全が学べるように、トヨタのホームページでも絵本と紙芝居を楽しめる。ホームページで絵本を読んだ後のアンケートに答えると、抽選で20人にトヨタ純正のチャイルドシート、ジュニアシートが当たる。6月末まで。

このエントリーをはてなブックマークに追加