新幹線長崎ルート整備に伴って複線化される肥前山口-武雄温泉沿線の現状を確認するため、佐賀県の山口祥義知事が13日、杵島郡大町町内の踏切3カ所を視察した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加