民進党の両院議員懇談会に臨む蓮舫代表(左)と野田幹事長=25日午後、東京・永田町の党本部

 民進党の野田佳彦幹事長は25日の両院議員懇談会で、2日の東京都議選敗北の責任を取り、幹事長を辞任する意向を示した。これを踏まえ、蓮舫代表は「新世代の民進党をつくりたい」と表明。幹事長を含む執行部刷新に着手した。早ければ新人事を月内にも決定する方針だ。次期衆院選について、東京の小選挙区から自ら立候補する意向も明らかにした。執行部として都議選の総括文書案を提示し、大筋で了承された。

 蓮舫氏は与野党対決の構図となった23日の仙台市長選勝利と、体制刷新で党再生を図る方針だが、党勢低迷を招いた蓮舫氏への批判は根強く、人事は難航も予想される。野田氏は蓮舫氏の「後ろ盾」だっただけに、交代すれば求心力がさらに低下する可能性がある。

 辞任表明について、野田氏は「ガバナンスがうまくいかず、一連の責任を取った」と懇談会後、記者団に説明した。後任には前原誠司元外相や安住淳代表代行、玉木雄一郎幹事長代理らの名前が取り沙汰されている。野田氏は都議選後、周囲に辞意を漏らし、慰留にも応じていなかった。

 蓮舫氏は懇談会で、党執行部について「何とか強化しないといけない。次期衆院選が1年以内にあるかもしれない」と強調。自身の衆院選対応については、都議選敗北を踏まえ「負けた東京の小選挙区から出る」と述べ、参院からのくら替えを明言した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加