鳥栖―F東京 試合後、サポーターにあいさつするFW豊田(手前)ら鳥栖イレブン=東京都の味の素スタジアム

 鳥栖は守りが乱れてFC東京に2点のリードを許したが、試合終了間際に反撃。攻撃陣が奮闘して2点を奪い、価値ある引き分けに持ち込んだ。

 鳥栖は試合開始直後、FWイバルボが得たPKをFW豊田が決めて先制。守備陣も高い位置からプレスをかけ、相手の攻撃を封じ続けた。

 後半は相手のペース。鳥栖は連係ミスが相次ぎ、途中出場のFWピーター・ウタカらに3点を奪われた。諦めない鳥栖は前線のFW豊田にボールを集めて逆襲し、後半43分からMF鎌田、途中出場のFW趙東建が立て続けにゴールを奪った。

このエントリーをはてなブックマークに追加