就任1年を前に、記者会見する鹿児島県の三反園訓知事=26日午前、鹿児島県庁

 鹿児島県の三反園訓知事が26日、就任から1年となるのを前に県庁で記者会見し、九州電力川内原発(薩摩川内市)の安全性向上に関し、「九電に再点検を申し入れ、特別点検や(原発近くでの)避難用車両の整備が実現した。県民の安心安全のため努力した」と述べ、自身の取り組みに一定の評価をした。

 知事選で看板に掲げた脱原発に向けては「自然再生エネルギーを推進する」と述べるにとどめ、廃炉を含めた具体的な施策には触れなかった。九電が計画する川内3号機の増設は「今の状況では認められない」と改めて否定した。

 昨年7月の知事選で三反園氏は反原発団体の支援も取り付けて初当選。九電に川内1、2号機の一時停止を求めるなど当初は強硬姿勢を見せたが、その後は態度を軟化させ運転継続を容認した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加