【きょうの催し】1日

 ◆川島政則ステンドグラス展(6日まで、佐賀市中の小路・佐賀玉屋本館6階ギャラリー)

【巡回車】2日

 ◆胃がん・乳がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県医師会メディカルセンター(予約制)

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

【イベント】

 ◆社会を明るくする運動・春一番ふれあいフェア

 (4日13時、唐津市高齢者ふれあい会館りふれ)唐津港太鼓の演奏に始まり、作文コンテスト受賞者作品朗読、海青中音楽部の合唱、お楽しみ抽選会など。唐津地区保護司会、更生保護女性会など主催。電話0955(74)3626。

【上映会】

 ◆映画「まなざし」上映会&トークイベント

 (5日10時、14時、唐津市大手口センタービル3階ホール)寝たきりの父を介護する日々を通して家族のきずなや希望を描いた「まなざし」(2015年、93分)の卜部敦史監督を迎え、介護について考える。入場料一般1000円、学生500円。唐津シネマの会、看護小規模多機能「むく」共催。電話0955(72)3278。

【交通情報】

 ◆片側交互通行のみ 国道204号(唐津市湊町・北浜海水浴場北側)では地滑りによる土砂崩壊のおそれがあるため片側交互通行。終日・期間未定。問い合わせは日本道路交通情報センター、電話050(3369)6641。

【展覧会】

 ◆佐賀美協100オマージュ展(2)期

 (5日まで、佐賀市与賀町の山口亮一旧宅)佐賀美術協会が今年5月に行う第100回展覧会を記念して開催。日本画、洋画、彫塑、工芸部門で名誉会員や協会役員ら24人が小品を中心に出品。入場無料。電話0952(60)2978。

 ◆鍋島直正銅像完成記念特別展「直正と斉彬」

 (3日~3月20日、佐賀市城内の県立佐賀城本丸歴史館)西洋の科学技術を積極的に導入し、鉄製大砲の鋳造、三重津海軍所で蒸気船「凌風丸」建造など、幕末をリードした佐賀藩。いとこ関係にあった10代藩主鍋島直正と薩摩藩主島津斉彬の交友、他藩に先駆けて近代化を成し遂げた両藩の科学技術について、当時の資料をもとに紹介する。計49件117点。電話0952(41)7550。

 ◆第35回二科会写真部佐賀支部展

 (8~12日、佐賀市中の小路の佐賀玉屋本館6階ギャラリー)二科会写真部佐賀支部展17人の写真展。最終日は17時まで。問い合わせは雪竹さん、電話0952(82)2700。

 ◆ヨーロッパに魅せられて 上瀧泰嗣洋画展

 (8日10時~3月5日、佐賀市本庄町の高伝寺前村岡屋ギャラリー)学生時代に憧れたヨーロッパの風景を描いた上瀧さんの作品展。入場無料。最終日は17時まで。電話0952(24)5556。

【告知板】

 ◆無料相談会

 (5日10~15時、佐賀市兵庫北のゆめタウン佐賀2階青のエレベーター前)くらしサポートさが(行政書士・司法書士・社会保険労務士、税理士グループ)が遺言・相続、離婚、税務申告、公正証書、債務整理などの相談に応じる。予約不要。問い合わせは松枝さん、電話090(3328)2123。

 ◆多久がんサロンハート

 (5日13時半~15時半、多久市中央公民館)がんの悩みやつらさをを抱えている患者・家族に向け、自身ががんを体験したスタッフなどが話を聞く。参加無料。問い合わせは進藤さん、電話090(4586)0806。

このエントリーをはてなブックマークに追加