山口祥義知事に唐津市長選当選の報告とあいさつに訪れた峰達郎氏(右)=佐賀県庁

 唐津市長選で当選した峰達郎氏(56)が31日、佐賀県庁を訪れて山口祥義知事に当選を報告した。峰氏は「唐津市とともに頑張ります」などと語り、連携と支援を呼び掛けた。

 面談では、旧町村部にくすぶる合併後の地域格差への不満が話題になった。峰氏が「それぞれの特長を伸ばしていくことが重要と考えている。今は『何もしてくれなかった』と言われることが多くて」と明かすと、山口知事は「後戻りすることはできない。地域協議会などで自分たちの地域のことを考える仕掛けをつくるとか工夫が必要。前向きな流れをつくらないと」とアドバイスした。

 また山口知事は、保守分裂になった自身の選挙に重ね「人間の邪みたいな部分が出ないように抑えるのがコツ」としこりが残らない行政運営の大切さを語った。

 白石町長選で無投票再選した田島健一町長(66)も山口知事と面談した。

このエントリーをはてなブックマークに追加