マイナンバーカードを利用し、戸籍証明書を取得した松本茂幸市長=神埼市のファミリーマート神埼日の隈店

 神埼市は1日、マイナンバーカードを利用し、コンビニエンスストアで戸籍証明書や住民票の写しが取得できるサービスを始める。夜間や土日などの閉庁日でも取得が可能になる。サービス開始を前に1月31日、市内のコンビニ店でセレモニーが開かれた。

 発行は住民票の写しや戸籍証明書、印鑑登録証明書、戸籍の附票の写し。これまで戸籍は住所地と本籍地が異なる場合、郵送でのやり取りや住民が窓口に出向く必要があり、時間と費用がかかっていた。本籍地が神埼市の人は全国のコンビニで戸籍証明が取得できる。ただ、市外在住者はコンビニの端末かインターネットで登録が必要となる。

 セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクス、ミニストップが対象で、利用時間は午前6時半~午後11時(年末年始を除く)。

 この日、ファミリーマート神埼日の隈店でセレモニーがあり、松本茂幸市長が実際に戸籍証明書を取得し、「とても簡単で便利なサービス。広く利用してもらえれば」とPRした。

 神埼市のマイナンバーカード交付率は1月末で6.25%。

このエントリーをはてなブックマークに追加