佐賀税務署長に着任した中野浩二さん

■佐賀税務署長に着任

 

 10日付で佐賀税務署長に着任。「佐賀の滞納は減少傾向だが、適正で公平な課税の実現のため、できる限りのことを尽くしたい」と意気込みを述べた。

 2006年、14年と佐賀税務署で総務課長、特別調査官を歴任した。慣れ親しんだ職場のトップに立ち、「明るい職場づくりを心掛け、納税者に信頼される税務署でありたい」と思いを語る。

 佐賀については「農業を中心に第一次産業の割合が高く、まじめな人が多い」との印象を持つ。「もう一つ、佐賀といえば日本酒。甘いと言われるが、すっきりしていてそんなに甘さを感じない」。うまい地酒との出合いも楽しみにする。

 前任は、熊本国税不服審判所。自宅のある久留米市から新幹線で通っていたが「乗車時間は20分ほど。乗り越すと新八代まで行ってしまう。居眠りもできませんでしたね」と笑う。佐賀にも自宅から通勤。移動時間は別にして、距離はぐっと近くなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加