佐賀善意銀行の助成金を受けた7団体の代表者たち=佐賀新聞社

 佐賀善意銀行(頭取・中尾清一郎佐賀新聞社社長)の本年度助成金の贈呈式が26日、佐賀新聞社で開かれた。福祉活動などに取り組む県内7団体に総額50万円が贈られた。

 式では蕪竹真吾運営委員長が「地域の拠点を広げ、新しい事にチャレンジして、さらに社会を明るくしていただきたい」とあいさつ。障害児活動拠点「たんぽぽの家」(多久市)の船津静哉さんが「いただいた助成金は手作りのコンサートホールで開くイベント費用に充てる。今後もさらに充実した活動をしていきたい」と代表で謝辞を述べた。

 他の助成団体は次の通り。

 肝炎佐賀の会▽佐賀いのちの電話▽佐賀県腎臓病協議会▽特定非営利活動法人セルフ▽日本オストミー協会佐賀県支部▽みやき町蕎麦打ちおやじの会

このエントリーをはてなブックマークに追加