玄海原発の再稼働に関して質問する山下雄平議員=東京・霞が関の参議院分館

 自民党の山下雄平参院議員(佐賀選挙区)が31日、「資源エネルギーに関する調査会」で質問に立った。再稼働に向けた手続きが進む九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の安全性や事故時の避難計画の実効性に関し、原子力規制委員会の田中俊一委員長らにただした。

 山下氏は、原発が長期間停止していたことによるトラブルの可能性について質問した。原子力規制庁の幹部は再稼働した川内原発や伊方原発では運転再開時の検査過程で蒸気発生器に異常の兆候が見られるなどのトラブルがあったことを明らかにし、「トラブルが起こることを想定して安全性への影響を見極め、対応を確認することが重要だ」と答えた。

 山下氏は玄海原発周辺の七つの離島の住民と意見交換した際、避難に関する不安の声が上がったことを指摘した。田中委員長は「福島第1原発事故を前提に不安を感じられるのはやむを得ないことだが、新規制基準はあのような事故を起こさないために重層的な備えをしている。避難計画は万が一のために作っていただくことが大切」と強調し、「機会があれば玄海地区に出向いて説明したいと思う」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加