嬉野市商工会(小原健史会長)は26日、定例理事会を開き、九州新幹線長崎ルートについてフル規格化での整備に向けた活動を推進していく決議を採択した。小原会長によると、市商工会でフル規格化の推進を決議したのは初めて。

 決議文は、新幹線整備事業費の3分の1とされる県の財政負担の大きさに理解を示しつつ、嬉野市の繁栄のため「『フリーゲージトレイン』でもない、また『リレー方式』でもない、嬉野温泉駅と新大阪駅等と乗り換えなしで直結する『全線フル規格』」での整備を求めるとしている。

 嬉野、武雄両市長が21日、全線フル規格による整備を国に働き掛けるよう山口知事に求める要望書を県に提出したことを受け、要請活動を後押しする狙い。

 小原会長は「市商工会としても関西への直通こそが嬉野市の繁栄に結び付くと考えている。署名活動などを検討したい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加