■町を挙げて懸命な救助 九州で鉄道事業が始まったのは明治23(1890)年。翌年には、早くも門司-熊本、鳥栖-佐賀間が開通した。武雄まで開業したのは明治28年5月5日のこと。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加