東京都知事選が告示され、有権者に支持を訴える(右から届け出順に)鳥越俊太郎氏、増田寛也氏、小池百合子氏=14日、東京都内

 政治資金流用問題で舛添要一氏が辞職したことに伴う東京都知事選が14日告示され、過去最多となる新人21人が立候補を届け出た。2020年東京五輪・パラリンピックの準備や「政治とカネ」の問題などの議論が予想される。自民党は1999年以来の分裂選挙となり、野党4党の統一候補と併せ、有力とみられる3候補者が激突する。31日に投票、即日開票される。【共同】

 立候補したのは、いずれも無所属で、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦、元総務相の増田寛也氏(64)=自民、公明、日本のこころ推薦、元防衛相の小池百合子氏(64)ら。

 自民党は党の了解なく出馬した小池氏と、党が全面的に支援する増田氏の間で、99年以来の分裂選挙となり、野党4党は統一候補として鳥越氏を擁立した。

 鳥越氏は新宿駅東南口で第一声。「住んでよし、働いてよし、環境によしの東京を実現したい」と訴えたが、2日前の出馬表明で準備不足は否めず、具体的な政策にはほとんど言及しなかった。

 増田氏は千代田区の事務所前で「知事になるのが目的ではない。知事になって都民のために何をするかだ」と強調。待機児童解消に向けた地域別のプログラムを早急にまとめる考えを表明。

 小池氏は池袋駅西口で「今こそ東京を大改革するべきだ」と都政の刷新を主張し、自らも身を切る改革として、知事報酬の削減を掲げた。

 首都直下地震などの防災も焦点となるが、主要政党の候補者選びが混迷し、構図が固まったのは告示直前となったため、明確な争点が見えないまま選挙戦に突入することになった。

 都選挙管理委員会によると、選挙人名簿登録者数は13日現在で1127万4080人。前回知事選の告示日前日(14年1月22日)に比べて約45万3500人多い。

 小池氏は立候補に伴い、衆院議員を自動失職した。

 都知事選には、元労相山口敏夫氏(75)らも立候補した。

このエントリーをはてなブックマークに追加