国土交通省は来年4月以降、自動車のナンバープレートに初めてアルファベットを導入する。所有者が好きな番号を選べる希望ナンバー制で、「1」「7」「8」など特定の数字に人気が集中。東京都や大阪府、愛知県など大都市部を中心に、来年度にも番号が枯渇する可能性があるためだ。

 アルファベットを使うのは、地名の右側の「分類番号」。分類番号のパターンを増やすことにより、自由に選べるプレート中央の4桁の「指定番号」で人気の番号を引き続き提供できるようにする。

 具体的には分類番号の下2桁でアルファベットを使う。見やすさに配慮し、数字と間違えやすい「I」や「O」を除くなどして、当初は10文字程度を採用する予定。

 希望ナンバー制は1998年にスタート。従来の分類番号と平仮名では、組み合わせが足りなくなってきたため、国交省がアルファベットを導入する方針を打ち出していた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加