落成を記念に開いた祝賀会であいさつする中野吉實・JA佐賀中央会会長=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 旧会館近くに新築した佐賀県JA会館の落成祝賀会が2日、佐賀市で開かれた。山口祥義知事や今村雅弘復興相ら関係者約290人が参加し、佐賀の農業振興の新拠点完成を祝った。

 入居するJA佐賀中央会(中野吉實会長)など4団体が主催した。中野会長は「皆さまのよりどころになる場所の完成を迎え、喜ばしい。佐賀の農業や地域の発展にいっそう尽力する覚悟」と決意を述べた。

 来賓を代表し、今村復興相が「ここが司令塔となり、農業の未来を語る集いの場になれば」と祝辞、山口知事は「会館は新しくなっても、生産者の誇りは次の世代に受け継がれていくよう県政もとことん支援したい」と語った。

 その後、建設に関わった業者に感謝状が贈られ、県産米の特別純米酒「栄光歩盛(えいこうぷざかり)」で乾杯した。

 JA会館は築46年で老朽化したため建て替えた。旧会館は今月から解体作業に入る予定で、跡地は駐車場となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加