国立がん研究センターは15日、2016年に新たにがんと診断される患者は101万200人、がんで死亡する人は37万4千人になるとの予測を発表した。新規の患者が100万人を超えるのは初めてで、高齢者の増加に伴い、発症する人が増えるとみている。

 予測は、国や地域のがん対策の目標設定などに役立てるのが目的。患者数の予測は昨年より2万8千人増えた。実際の統計でも患者数は1970年代から一貫して増え続けているという。

 予測された部位別の患者で最も多いのは、大腸がんの14万7200人。胃がん(13万3900人)、肺がん(13万3800人)、前立腺がん、乳がんと続き、上位5位は昨年と同じだった。男性は計57万6100人、女性は計43万4100人。

 さらに男女別でみると、男性の1位は前立腺で、胃、肺、大腸と続く。女性は乳房が最も多く、大腸、肺、胃の順となり、5位は子宮だった。センターは特に前立腺がんに関し、採血の検査で見つかりやすく患者数は予測よりも増えるとみている。

 死亡する人は昨年より3千人増加。肺がんの7万7300人が最多で、2位は大腸がん、3位は胃がんだった。

 がん統計をまとめるには数年かかるため、センターは14年からその年の予測を開始。14年は88万2200人、15年は98万2100人と予測した。将来、実際の患者数などを予測と比較すれば、がん対策の効果が検証できる。

 センターは6月、都道府県から集計した患者数を基に、12年の新規患者は推計約86万5千人で、最多を更新したと発表していた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加