1111万1111冊目を借りた前原太郎君(右から2人目)と前後賞のみなさんら

 伊万里市民図書館は3月18日、開館22年目で1111万1111冊の貸出冊数を達成しました。何と1が八つも並ぶ、めったに見られない数字で、いいことがありそうです。

 記念すべき本を借りたのは、この春小学3年生になった男の子。学校の宿題で分からないことを調べるため、よく図書館を利用するそうです。記念証をもらってちょっとびっくりしながらも、満面の笑みを浮かべていました。惜しくも外れてしまった前後の人にもプレゼントが渡されました。さあ、次の目標は何冊になるでしょう。

 新年度が始まり、みなさんは学習や生活、仕事の目標を立てましたか。数値目標を設定することで、意欲が高まったり達成感を味わったりすることができます。「1年に20冊読む」「1日に30分読む」など、自分のペースに合わせた読書生活の目標も立ててみてはいかがでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加