1回戦・川副ク-佐賀LIXILFC 前半21分、川副クのMF江口健一(右)がシュートを決め、2-0とする=佐賀市の県総合運動場陸上競技場

 天皇杯全日本選手権の予選を兼ねた第22回佐賀県サッカー選手権大会(県サッカー協会主催、佐賀新聞社・共同通信社・NHK佐賀放送局共催)は2日、佐賀市の県総合運動場陸上競技場で1回戦2試合があり、川副クラブと佐賀大が決勝に進んだ。

 川副クは前半14分、FW廣瀬大輔がCKを直接決めて先制。同21分にMF江口健一が追加点を挙げ、佐賀LIXILFCを2-0で下した。

 佐賀大は前半9分に守備の乱れから先制を許したものの、MF松本健太郎のハットトリックなどで大量6点を挙げ、ALL佐賀大を圧倒した。

 最終日は9日午後1時7分から同競技場で決勝がある。(運動担当・古川浩司)

 ▽1回戦

川副クラ 22-00 佐賀LI

ブ     0-0  XILF

           C

▽得点者 【川】廣瀬、江口

佐賀大  63-12 ALL佐

      3-1  賀大

▽得点者 【佐】松本3、林、奥、橘木【A】中村萌、高橋

このエントリーをはてなブックマークに追加