【ワシントン共同】米下院の科学・宇宙・技術委員会は13日、連邦預金保険公社(FDIC)が繰り返しサイバー攻撃を受け、「中国当局が関与したとみられる」との報告書を公表した。

 FDICは預金保護を目的とする公社。米国の金融機関の重要な情報が報告されており、情報を盗む目的で行われた可能性がある。

 報告書によると、サイバー攻撃は2010年と11年、13年に確認された。FDICのコンピューターが侵入され、サーバーにウイルスが仕掛けられるなどした。FDICの元総裁らのパソコンもハッキングされていたといい、攻撃は「高度で執拗(しつよう)だった」と報告書は指摘した。中国当局の攻撃だとする根拠は示さなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加