大人顔負けの技術でドラムをたたく虎太郎君(左手前)と父親の竜太郎さん(右)=佐賀市の錦華幼稚園

ドラム体験で園児らにたたき方を教える虎太郎君(右)=佐賀市の錦華幼稚園

■全国で演奏、父とセッションも

 大人顔負けのテクニックで「天才ドラマー」と呼ばれる5歳の堀江虎太郎(とらたろう)君(広島県)が26日、佐賀市の錦華幼稚園(錦織昌貴園長)を訪れ、演奏を披露した。園児や未就園児、保護者ら約120人を、リズム感あふれる演奏で魅了した。

 虎太郎君の父でトロンボーン奏者の竜太郎さんが以前同園で演奏した縁があり、今回はゲストとして虎太郎君が初めて招かれた。

 虎太郎君は「恋」や「千本桜」「PPAP」など7曲を演奏。竜太郎さんとのセッションもあり、親子ならではの息の合った演奏に、大きな歓声と拍手が上がった。

 同年代の子どもたちの前で披露した虎太郎君は「楽しみながらたたいた。みんなに聞いてもらってうれしかった。演奏の出来は800点かな」と照れくさそうに話した。ドラム体験の時間もあり園児は初めて間近で見るドラムを楽しんでたたいた。田中すみれちゃん(5)は「初めてたたいてドキドキした。(虎太郎君は)スティックを回すところがかっこよかった」と笑顔を見せた。

 虎太郎君は2歳の時、地元広島の神楽和太鼓から音楽に興味を持ち、約1年でドラムをマスター。昨年4月の老人ホーム慰問で喜ばれたことがきっかけとなり、竜太郎さんと全国の幼稚園や老人ホームなどを演奏して巡り、ソロでも活動している。竜太郎さんは「無理に演奏させるのではなく楽しむのが一番。47都道府県を回るのが夢」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加