「初夏の魯肉飯(ルーローハン)クレソンのナムル添え」

=POINT=

■台湾のローカルフードをもち麦ご飯で

【材料】(2人分)

豚バラ肉・・・・・・・・・・・・・200g

ショウガ・・・・・・・・・・・・1かけ         

ニンニク・・・・・・・・・・・・1かけ         

タマネギ・・・・・・・・・・・・中1個

サラダ油・・・・・・・・・・・大さじ1

タケノコ(ゆで)・・・・・・・・・100g

干しシイタケ・・・・・・・・・・大1枚

グラニュー糖・・・・・・・・・小さじ2

もち麦ご飯・・・・・・・・・・・2膳分

※麦ご飯でもOK  

[A]    

紹興酒(または日本酒)・・・・大さじ2

しょうゆ・・・・・・・・・・・大さじ1

シイタケの戻し汁+水・・・・・・300cc

オイスターソース・・・・・・・小さじ2

五香粉・・・・・・・・・・・小さじ1/2

※紹興酒から五香粉までを【A】でくくる 

ゆで卵・・・・・・・・・・・・・・2個

クレソン・・・・・・・・・・・・・1束

※他の青菜でもOK    

塩・・・・・・・・・・・・・・・・適量

ごま油・・・・・・・・・・・・小さじ1

 

【下準備】

・豚バラ肉は1cm角に切り、みじん切りにしたショウガとニンニクをなじませる。

・タケノコは短冊切り、タマネギと戻した干しシイタケはみじん切りにする。

・Aの調味料を合わせる。

・クレソンは塩(少々)を入れた熱湯でゆで、冷水にさらす。水気を除いて食べやすい大きさに切り、塩、ごま油であえる。

【作り方】

(1)鍋にサラダ油を熱し、タマネギを入れ、キツネ色になるまで炒める。

(2)(1)のタマネギを隅に寄せ、豚肉を入れ、焼き色が付くまで炒める。

(3)タマネギと豚肉を合わせ、タケノコ、シイタケを加え炒める。グラニュー糖を加え、全体に照りがでるまでさらに炒める。

(4)Aを加え、強火~中火で10分、弱火で20分ほど煮る。

(5)ご飯を器に盛り、(4)をかけ、ゆで卵とクレソンのナムルを添える。

=POINT=

本場・台湾では揚げタマネギを使いコクを出しますが、今回はしっかりキツネ色になるまで炒め、うま味と甘みを引き出します。豚肉まで炒めたところで余分な脂が気になる場合は、ペーパーで脂を押さえ、その後煮込んでもよいでしょう。

=Reiko’sコメント=

香辛料や香味野菜で炒めた豚バラ肉を甘辛く煮て、煮汁とともにご飯にかけて食べる台湾のローカルフード「魯肉飯」。八角、シナモンなどがミックスされた「五香粉」という香辛料が特徴的ですが、好みでない場合は使用せず、高菜漬けや紅ショウガなどを添えて、和風丼風に仕上げてもよいでしょう。もち麦ご飯にかければ、ご飯はパラパラ、冷めてもおいしく、新生活の社会人や子どものスタミナ弁当にも最適! クレソンや青菜の簡単ナムルもたっぷり添えて、栄養バランスも抜群です。

大間 礼子さん

「旬菜クッキングサロンREIKO」主宰。フードコーディネーター、料理研究家。

HP http://ameblo.jp/reivege

このエントリーをはてなブックマークに追加