8月6日の学童オリンピックに向けて練習を重ねている「福富ランナーズ」の子どもたち

■学童オリンピックに全力

 児童数300人足らずの小学校でも、毎年のように九州大会や全国大会に選手が出場している福富ランナーズ。長年指導している松尾由紀子監督は「練習環境に恵まれ、子どもたちが目標を持って一生懸命がんばっています」と話されます。

 今は、8月6日にある学童オリンピックに向け、練習に熱が入っています。昨年400メートルで優勝した6年生の川崎琉愛さんは「今年も3位入賞以上を狙います」と話してくれました。田口輝くん、宗啓太くんの6年生コンビは走り幅跳びにエントリー。自己ベスト更新を目指しています。みんなの活躍、健闘を期待しています。(地域リポーター・武富由美・江北町)

このエントリーをはてなブックマークに追加