「海苔めしの素」と町内産の米などが入ったセット(左)と5種類の調味料を組み合わせたセットを持つ今村さん=みやき町東尾の割烹いまむら

 お中元シーズンに合わせ、みやき町の商店主らでつくる「みやき逸品会」(大川哲矢会長)が自慢の商品を詰め合わせたギフトセットを作った。麺や調味料などテーマごとに5種類を用意。会員の今村光男さん(60)は、「町内の事業所が開発したこだわりの逸品ばかり」と売り込む。

 逸品会は、みやき町商工会の呼び掛けで2010年に結成。現在は10事業所が参加しており、月に1度集まってオリジナル商品の開発やPR方法の研究、意見交換などをしている。

 ギフトセットは5種類。逸品会で開発したオリジナル商品を組み合わせ、価格は1840円~5610円(税込み)。麺をテーマにした「海苔(のり)だれうどん」と「汁無し担担麺」のセットや、「ジャポネソース」や「辛子(からし)すみそ」など5種類の調味料を組み合わせたセットなどがある。

 注文は逸品会ミニ物産所がある「割烹(かっぽう)いまむら」(みやき町東尾)で受け付けている。問い合わせは同店、電話0942(89)2025。

このエントリーをはてなブックマークに追加