国政報告会で蓮舫代表辞任についての見解を説明する国会議員の原口一博氏=佐賀市の鍋島公民館

 民進党の蓮舫代表の唐突な辞任表明に、佐賀県関係の国会議員や県連幹部は無念さもにじませた。「安倍1強」に陰りが見える中、次期衆院選も見据え党勢立て直しを期した。

 前日夜に蓮舫氏の辞意を聞き、27日早朝、急きょ上京した党政調会長の大串博志衆院議員(県連代表)。側近として支えてきただけに「野党連携の進め方や都民ファースト旋風の中で難しいかじ取りだった。サポートした私たちの力不足もあった」。代表選への出馬については「まだ何も考えていない」と否定し「新執行部には安倍1強への対抗軸になる存在感を発揮してほしい」と述べた。

 佐賀市での国政報告会後、原口一博衆院議員は「アドバイスはしていたが出処進退は本人の決断」と語り、「理念をはっきりさせ、政権の受け皿としての戦略性をしっかり打ち出せるチームで再建したい」と強調。前回出馬を模索した代表選には「自分がどのような役割を果たすのか仲間と相談したい」と答えた。

 県連幹事長の山田誠一郎佐賀市議は「期待していただけに、任期途中での辞任は残念」。離党者が相次いだ都議選のような事態を警戒し、党本部に対し「地方は頑張っている。野党連携ではなく、まずは民進党が一丸になることを国民も望んでいると思う」と注文した。

このエントリーをはてなブックマークに追加