九州のグルメを集めた「九州うまかもん市」が、佐賀市の佐賀玉屋で開かれている。ひとくちギョーザやチキン南蛮、カステラなど各地の名物料理や物産がそろい、開店直後から買い物客でにぎわっている。31日まで。

 九州各地から20社が出店し、その場で揚げる唐揚げやさつま揚げなど、各社自慢の美味の香りが会場に漂う。買い物客らは試食するなどしてじっくり吟味。店員に保存法などを聞きながら目当ての商品を買い求めていた。

 会場の一角には、熊本の人気白玉店のイートインスペースも用意している。小学2年生の娘と訪れた40代の女性は「夕飯のおかずの一つにもなる。いろんな食があって楽しい」と話し、ブースを巡っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加