環境省は27日、福岡市の博多港から市内の倉庫に運ばれたコンテナ内で南米原産の強毒アリ「ヒアリ」が新たに見つかり、30代の男性作業員が左腕を刺されたと明らかにした。刺された周囲に赤い発疹が確認されたが、軽症。「クラゲに刺されたような痛みを感じた」と話しているという。環境省によると、ヒアリに刺されたとの報告は国内初。

 福岡市によると、男性は27日午前、中国から船で運ばれてきたコンテナから積み荷を取り出す作業中、段ボール箱を持っていた腕に痛みを感じ、ヒアリに気付いた。払いのけた後、コンテナ内の床の上を調べ、約30匹のヒアリを発見。ヒアリは殺虫剤で処分された。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加