東京地検は15日、佐賀県立高校の生徒の成績をインターネット上で管理するシステムに侵入するなどしたとして、不正アクセス禁止法違反と不正競争防止法違反容疑で佐賀市の無職少年(17)を東京家裁に送致した。

 少年は今年1月、自宅のパソコンから佐賀県教育庁が管理する「教育情報システム」に不正に侵入したほか、県立高校のシステムに無線LANを通じて不正にログインしたとされる。

 B-CAS(ビーキャス)カードを使わずに、テレビの有料放送を視聴できるプログラムをネット上に公開した疑いもある。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加