歴代イラストレーターの直筆サイン色紙や有田焼大皿などが並ぶ=佐賀市の佐賀駅多目的スペース

 県が人気ゲーム「サガ」シリーズとコラボしたイベント「ロマンシング佐賀」の第1弾から第3弾までに制作したグッズなどが、佐賀駅の多目的スペースで展示されている。県内の企業と提携して開発したグッズや歴代イラストレーター直筆の色紙など、約40点が並ぶ。9月30日までの予定。

 直径62センチの有田焼大皿は、ゲームのイラストを描いた小林智美さんが窯元を訪ねて直接絵付けした。肥前名尾和紙やブラックモンブランなど、県産品とコラボした歴代の記念グッズも展示している。

 県の担当者は「県内にも面白い取り組みをしている企業がたくさんある。イベントは県外客が多かったが、日常的に駅を利用する県民にも目を向けてもらう機会になれば」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加