四回まで熱戦を繰り広げたが没収試合となった2回戦・鹿島実-太良。左は鹿島実の山口諒真、右は太良の川下武宗捕手=みどりの森県営球場

 鹿島実-太良は、五回表に太良の選手が体調不良になり、交代要員がいなかったため試合続行不可能に。没収試合とされ、鹿島実の勝利となった。

 それまでの経過は、鹿島実が初回に10得点。その後も攻撃の手を緩めず、四回には大量25点を奪う一方的な展開だった。太良は初回に2点を返したが、その後は打線が沈黙。守っても鹿島実の猛攻を抑えられなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加