薪(まき)を使ってたき上げた深川製磁の「谷窯」(有田町幸平)で13日、窯開きがあった。深川一太社長らが窯の中から取り出した壺(つぼ)や大皿を1点ずつ手に取り「発色がいい。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加