サガテレビの3月度放送番組審議会(稲岡司委員長、10人)が開催され、2月25日放送の「ドキュメント九州 ペンが織り成すSTORY 画家 池田学」を審議した。

 多久市出身の画家・池田学さんの情熱や作品の魅力に迫るドキュメンタリー番組。

 委員からは「主人公の内面や情熱などが非常によく描けていた」や「見た人が美術館に足を運びたくなる番組だった」、「作家の飾らない人柄や背景、作品の思想などが分かりやすく、安心して見られた」とする意見が出た。

 一方、「インタビューの対象が大人だけだったので残念だった。学生や子どもの感想も聞きたかった」や「制作風景をもっと見たかった。指先から生み出される瞬間をクローズアップしてほしかった」、「これから何を描くのか、未来へ向けたメッセージを聞きたかった」などの意見が出された。

このエントリーをはてなブックマークに追加