在来線特急を武雄温泉駅で新幹線に乗り継ぐ「リレー方式」で2022年度の暫定開業を目指す九州新幹線長崎ルートについて、佐賀、長崎両県議会の自民党議員有志が15日、武雄市内で意見交換した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加