○…3度の満塁を着実に点につなげた小城が塩田工を9-2の七回コールドで下し、3年ぶりに夏の大会で勝利を上げた。野口晃監督は「何点取っても夏は苦しいね」と胸をなで下ろした。

 初回2死満塁で6番松本将吾が「絶対にかえす」と低めの直球を打ち返し、走者一掃の三塁打。この3点を皮切りに得点を重ね、七回1死満塁からは代打久保深月らの3連打で試合を決めた。

 昨秋は満塁の好機を生かしきれず、押し出しの1点止まりで敗戦。野口監督は「もらった点だけでは勝てない」と打線に奮起を促したという。その成果が夏の初戦で結実し、監督もうなずいた。

 試合後、保護者に「ナイスバッティングやったな」と声を掛けられ、照れくさそうに笑った松本。「次も初回から流れをつかんで、優位に試合を進めたい」と力を込めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加