■2日の催し

 綿島康浩陶展(5日まで、佐賀市大和町・湛然の里ぎゃらりせせらぎ)

■巡回車

 3日

 ◆胃がん・子宮がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県医師会メディカルセンター(予約制)

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

アバンセ情報

 ◆なつかしい佐賀 アバンセ16ミリフィルム上映会・映画ポスター展

 (12日・佐賀市天神のアバンセ4階第3研修室、16日まで・同1階展示ギャラリー)12日は研修室で佐賀を記録した16ミリフィルムの上映会を開く。▼「伸びゆく佐賀」(昭和25年度の県予算広報フィルム、35分)10時~、14時~▼「災害を超えて」(昭和28年6月の西日本大水害・記録映像、10分)10時45分、14時45分~▼「私の佐賀」(昭和47年製作の県観光PRフィルム、25分)11時~、15時~▼「柿右衛門」(昭和53年製作の13代酒井田柿右衛門などの記録映像、30分)11時35分~、15時35分~。

 16日まで、展示ギャラリーで昭和30年代の映画ポスター(写し)と昔の佐賀市営バスの写真の展示も。無料。

 問い合わせは県視聴覚ライブラリー(アバンセ内)、電話0952(23)3522。

■講演会

 ◆「ペコロスの母に会いに行く」岡野雄一さん講演会

 (4日11時~、武雄市文化会館)武雄市社会福祉大会の記念講演会。認知症の母とのエピソードを描いた漫画「ペコロスの母に会いに行く」の作者の岡野さんが「ペコロスの母が教えてくれる事」のテーマで話す。無料。問い合わせは武雄市社協、電話0954(36)5505。

■展覧会

 ◆綿島康浩陶展

 (5日まで、佐賀市大和町松瀬の湛然の里ぎゃらりせせらぎ)武雄市若木町に工房を構える綿島さんによる「三島手」と呼ばれる花や幾何学模様の象眼を施した食器など。電話0952(63)0222。

■LIVE

 ◆みささぎ吹奏楽団創立20周年記念「ミササギコンサート」

 (5日14時~、武雄市文化会館)第1部は「エル・カミーノ・レアル」や過去の吹奏楽コンクール課題曲など。第2部では「合唱団やまびこ」との共演など。会場と一緒に「星条旗よ永遠なれ」を演奏する恒例企画や20人に景品が当たる抽選会も。500円。小学生以下無料。

■イベント

 ◆県ウオーキング協会2月例会 歴史公園「丹邱の里」へのみち

 (5日8時半、多久市北多久町のJR多久駅に集合)孔子をまつる「孔子廟」を訪れ、炭鉱王高取氏が造営した「西渓公園」を巡る6キロと12キロのコース。300円(中学生以下100円)問い合わせは安達さん、電話090(5948)6004。

 ◆第21回CG作品展

 (6日9時半~12日、佐賀市城内の県立美術館2階画廊)二科展や県展、大川展などの入賞作品が並ぶ。作品はカレンダーやショッピングバッグ、絵本など約200点。問い合わせは佐賀コンピュータ専門学校、電話0952(26)8311。

■告知板

 ◆心理カウンセラーによる「心育セミナー」

 (3日10時半~・19時~、佐賀市天神のアバンセ研修室3B)心理カウンセリングの考え方を通して、子育てや人間関係など日常に生かせる「心の仕組み」や「人格タイプ」を学びながら心を育てていく。主催・講師は心理カウンセラー・福祉ネットワーク「マイライフ」代表の宮地かおりさん。性格や生き方の選択について話す。参加費500円。定員15人。氏名、希望時間を事前にメールで申し込む。saga.okok.cocoro@gmail.com

■感染症

 (1月23~29日)

 報告数の多い疾病は(1)インフルエンザ=1635件(2)感染性胃腸炎=150件(3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎=54件(4)RSウイルス感染症=26件(5)突発性発しん=13件

 (数字は県内の指定届け出機関の患者数=県感染症情報センター調べ)

このエントリーをはてなブックマークに追加