改称してリニューアルした「武雄温泉 森のリゾートホテル」=武雄市武雄町

 武雄市武雄町の宿泊施設「ニューハートピア」は1日、施設名を「武雄温泉 森のリゾートホテル」に改称した。玄関やロビーなども改装、リニューアルした。

 施設は昨年10月末から、冠婚葬祭事業を展開するメモリードグループ(長崎県長与町、吉田茂視社長)が運営している。武雄温泉や緑に包まれた環境をイメージできるネーミングを考えた。改称に合わせ、3月から卒業旅行や花見、歓送迎会の特別企画も用意している。

 結婚式の需要開拓も進める方針で、春にはチャペル建設に着手。併せて宴会場やレストランの改修も行い、10月完成を予定している。メモリードの田中広敏常務は「武雄の一員として地域に愛される施設を目指したい」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加