決して華やかではないけれど、素朴でかわいらしい花を咲かせるフジバカマ。一本の茎に無数の藤色のつぼみをつけ、花開いた姿が袴(はかま)を思わせることから名付けられたとされています。

 山上憶良によって「萩の花尾花葛(くず)花瞿麦(なでしこ)の花女郎花(おみなえし)また藤袴朝貎(あさがお)の花」と詠まれていることから、奈良時代にはすでに日本へもたらされ、根付いていたことがうかがえます。

 澄み渡る空の下、山上憶良が指折り数えた秋の訪れを告げる植物たち。それらは今も、秋の七草として人々に親しまれています。フジバカマの全草を乾燥させたものは「蘭草(らんそう)」と呼ばれ、煎じて利尿、入浴剤として皮膚のかゆみに用いられます。咲いている時にはあまり香りがしないのに、刈り取って乾燥させると桜餅のような香りに包まれます。その甘い香りは、ほのかな喜びを運んでくれます。

(中冨記念くすり博物館)

このエントリーをはてなブックマークに追加