アジアやアフリカから仕入れた色鮮やかな商品が並ぶ会場=佐賀市水ケ江のデザイン事務所1・5

 アジアやアフリカの伝統技術を生かした雑貨を取り扱う長崎県の雑貨屋「てとて舎」が、佐賀市水ケ江のデザイン事務所「1・5」で展示即売会を開いている。バッグやポーチなど約1000点を並べている。17日まで。

 てとて舎は、発展途上国の製品を適正な価格で取引することで生産国に仕事を生み出す「フェアトレード」という理念を実践する雑貨店。ネパールやインド、ケニアなどから商品を仕入れており、麻を編んで作ったかごや、色鮮やかな刺しゅうが施されたポーチなどを販売している。

 同店店長代理で佐賀市出身の森田敦子さん(60)=長崎県西海市=は「地元でイベントを開くことができてうれしい。商品を買う前に、誰がどんなふうに作ったのか想像してみて」と話した。

 展示即売会は17日午前11時~午後5時まで。問い合わせは同事務所、電話0952(27)6262。

このエントリーをはてなブックマークに追加