今林寛幸本部長から警察協力章を受ける中島清さん(右)=佐賀市の県警本部

 長年にわたる防犯や交通など警察業務の貢献者を表彰する警察協力章の伝達式が11日、佐賀市の県警本部であり、交通指導員として30年以上活動してきた中島清さん(82)=鹿島市浜町=が表彰を受けた。

 鹿島市を中心に活動する中島さんは、小学生らの登下校時の交通指導をし、同市の子ども自転車大会の役員を務めるなど地域の交通安全活動に取り組み、啓発を図ってきた。

 表彰を受けた中島さんは「周囲の支援があってこそ続けることができた。今後も可能な限り協力していきたい」と話した。

 警察協力章は、全国で39人、九州管区では5人が受章した。表彰は1962年から始まり、県内では29人目の受章となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加