中学生の全国硬式野球大会の地区予選で優勝した黄城ボーイズ(坂下幹夫監督)が14日、江里口秀次小城市長を表敬訪問し、全国大会での活躍を誓った。=写真

 江里口市長は、主将の植田龍雅君(14)=三日月中3年=やエースの古賀涼平君(15)=同=ら部員を見て「精悍(せいかん)な顔つきをしている。体も大きいね」と話し、「全国大会は強豪ぞろい。気持ちを一つにして頑張って」と激励した。

 植田君は「代表チームとしてまずは1勝を目指したい」と抱負を語った。坂下監督は「予選ではエースの調子がよく接戦をものにしてきた」と話し、「3年生は最後の大会。ぜひ勝たせてあげたい」と意気込んでいた。

 全国大会は8月9日から4日間、大阪府で開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加